大宮図書館

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
  • facebook
  • Twitter

文学資料コーナー

大宮図書館文学資料コーナー

歌人・大西民子をはじめ、短歌、俳句、詩を
中心にさいたま市にゆかりのある文学者達の
資料の展示を行っています。

第15回企画展
「陸橋をこえてー大木実と大宮ー」

ポスター

昭和から平成にかけて活躍した詩人・大木実は、太平洋戦争後、知人の紹介で大宮市上小町(現・大宮区上小町)に転居し、大宮市役所に勤務しながら詩を書き続けていました。

それらの作品には、自分の住む町・大宮を題材にしたものもあります。また、大木実は大宮詩人会などの創設にも携わり、郷土の文化活動にも尽力しました。

今回の企画展では、大木実が大宮の街並みについて書いた詩とともに、当時の風景の写真を展示するほか、大木実の代表作の自筆資料等を紹介します。

<< 次回展示予告>>

第16回企画展
うたをゆたかにするもの
―民子が愛した絵の世界―

2022年11月10日(水)~2022年1月4日(土)

  • 過去の展示はこちら
  • さいたま市ゆかり大西民子